FX 初心者はぜひ学んでおくべき基本的な注文パターン

初めて取り引きを行うFX 初心者ならば、なおさら基本的な注文パターンを理解しておかなければなりません。FXはギャンブルではありませんが、逆に言えば必ず100パーセント利益の出るものではないからです。あくまでも、投資手段の一つですので、大きく儲かる事もあり、逆に大きな損失を受ける場合もあります。

FX 初心者が犯しやすいミスには、損失がほぼ確定しているのに、さらに傷口を広げてしまう事です。資産運用において、投資した資金を回収するのは当然の事ですが、FXにおいてはほかの投資方法と同様に、タイミングによっては損をしてしまう場合もあります。

そこで、その損をいかに小さくしていくかが、キーポイントとなります。FXの取り引きにおいては、株式取り引きと同様に成行、指値、逆指値と基本となる注文パターンがあります。指し値や逆指し値注文は、双方ともに買いたいあるいは売りたいレートを、あらかじめ指定して注文を行う方法です。成り行き注文は、レートを気にせず、いま直ぐにでも注文を行いたい場合に、レートを指定せず注文を行う方法です。指し値注文の基本は、指定したレートよりも低くなれば購入する、または指定したレートよりも高くなれば売却する事になります。